• 藤本歯科医院について
  • ホスピタリティ
  • 診療のご案内
  • コラム
2013年06月04日

歯ぎしり

あなたは、自分で歯ぎしりをしていると思いますか??
寝ている間に起こる歯ぎしりは、自分では気づかず
人に指摘されて始めてわかるものです。

※症状は?     奥歯で最大50~70㌔もの力が加わるといいます
            一晩に5~6分、長い人で30~40分間続く人もいます

※原因は?     ≪咬み合わせの悪さ≫
            歯に高いところや、出っ張ったところがあると
            そこを歯ぎしりをして平らにする
            
            ≪ストレス≫
            精神的なストレスを睡眠中の歯ぎしりで解消している

→放っておくといけない理由
  ①咬み合わせが悪くなる
    歯ぎしりを放っておくと、歯が少しづつ動いて咬み合わせがずれてしまいます。
    咬み合わせが悪いと顎関節症の原因にもなります。

  ②歯周病が悪化
    歯ぎしりで歯をゆさぶると、歯の根がゆるんでバイ菌が入り込みやすくなり
    歯周病の症状が進んでしまいます。

☆治療方法☆
・咬み合わせを治す・・・歯医者で咬み合わせの調節をして正しい咬み合わせにする
・マウスピースを作る・・・透明のプラスチックでできた装置を
              就寝中に用いて歯ぎしりをしても歯に負担がかからないようにする

糸切り歯がすり減っていたら、それは歯ぎしりをしている証拠です!


同じカテゴリー(お口と歯のQ&A-得するお話-)の記事
 一本抜けた歯を放っておくと・・・!? (2013-06-14 13:38)
 むし歯を治す修復材について (2013-06-14 13:30)
 フッ素 (2013-06-14 13:28)
 キシリトール (2013-06-14 13:25)
 噛むこと (2013-06-14 13:23)
 電動歯ブラシ (2013-06-14 13:21)
Posted by 藤本デンタルクリニック at 13:06 お口と歯のQ&A-得するお話-

ページトップへ